【猫説】今昔物語

猫が織りなす不思議な世界の物語

【猫説 今昔物語】虞や 虞や なんじをいかんせん

今となってはもう昔のことになってしまったので,それが本当のことなのかどうか知っているものはおりません。また,どこの国のお話かわかりません。ある人がいうには,遠く海の向こうというものもあれば,この国のことというものもあります。しかし,どこの国のお話であれ,これを伝えるものがあるというのはきっとほんとうのことだからでしょう。

かつて,猫羽という勇猛果敢な帝王がおったそうな。それはそれは強い王で,一人で何千何万もの兵を相手に一歩も引かなかったとか,一人で巨大な城を打ち破ったとか,はたまた龍の翼にのって戦場に舞い降りたとか,話の種の尽きないかただったそうな。

そんな王でも,やがて終わりのときがやってくるもの。驕れるものも久しからずともいうものもある。猫羽を打ち破らんとしたのは,積年の相手でもある猫邦というこれもまた龍の子という噂のある歴戦の王。もはやこれまでかと観念した猫羽は,いついかなるときもそばに置いて離さなかった猫虞に舞わせ,それに合わせて辞世の句を詠んだそうな。

力は山を抜き気は世を蓋う
時に利あらず騅ゆかず
騅のゆかざるをいかにすべき
虞や虞やなんじをいかにせん

それを聞いた猫羽軍の皆で泣かないものはなかったそうな。

一方,猫邦軍の皆で笑わないものはなかったそうな。猫邦は,わしには猫何,猫良,猫信という各分野において神にも等しいものたちをそれぞれ存分に働かせることができたから,猫羽をついに打ち破ることができたのだ。わしの力は砂山すら動かすこともできない,時が向いたことなど一度もなく,馬なぞましては乗れない。妻はいつも死線をさまよわせてばかり。しかし,わしは勝った。猫羽よ,ほかのせいにしていては何度蘇っても,わしには勝てんぞ。